接骨院で老けない体になりたい

腸の中には約100兆個の腸内細菌が棲んでいるといわれてその重さは成人の場合なんと訳1キロ。

腸内細菌は健康に役立つ善玉菌と体に役立つ働きをする善玉菌、死してどちらかが強いほうの味方をする日和見菌に分類することができ中でも乳酸菌はだひょう的な善玉菌の一つをして知られています。

健康な超には悪玉菌が多く善玉菌2:悪玉菌1:日和見近のわり合いが理想的だといわれています。

生活習慣の乱れなどさまざまな要因で悪玉菌が増え善玉菌が減ると日和見菌悪玉菌の味方をするようになりすると腸は元気に働かなくなり便秘がちになって老廃物をため込みやするなります。

その結果ポッコリおなかを招いたり老廃物が血流にのって全身をめぐることで肌荒れや口臭の原因にも。

また長は体全体の免疫機能に深くかかわっているためウイルスや病原菌の影響をうけやすくなります

日常的に名古屋のやさしいRUNWAY接骨院に通って免疫力UPもいいですね。

健康な腸をキープするため常に腸内を善玉菌優位に保つように心がけましょう

この記事へのコメント